ペニスが小さい理由とは?

食事改善でチンコを大きくできる?

生活習慣を改善することによりチンコを実現することもできます!ここでは日常生活で気をつけるべきことや食事などについて解説していきたいと思います。

普段の食事で増大!

食事というのは増大を志す上でとても大切な要素をもっています。

漢方系のマカやクラチャイダムなどは負担の食生活で取り入れようとしても料理が難しいと思います。

なので、以下では手に入れやすくて調理して食事にしやすいものを中心に解説していきたいと思います。

赤身の肉を食べる

豚肉や馬肉などの赤身にはタンパク質やビタミンやミネラルがたくさん含まれているので、肉体を構成する素材が豊富に含まれています。

鉄分は血液のもととなるのを知っている人も多いのではないでしょうか。肉類のタンパク質には良質なアミノ酸がバランスよく含まれているのでぜひ摂取しておきたいものです。

ですが、脂質が多い肉は体脂肪を増やしてしまうのでできるだけタンパク質が豊富な赤身の肉がおすすめです。

体脂肪がふえると血流もわるくなってしまうので、血流が欠かせないので脂肪分が少ない赤身肉がおすすめです。

豆腐などの大豆加工製品

納豆などの大豆食品はタンパク質やアミノ酸が豊富に含まれているので、毎日食べておきたい食事です。

他には、納豆は全身の血流促進を改善してくれる効果があるので、近づけてくれます。

全身の血流が改善されると言うことは改善されると言うことなので、ギンギンさもパワーアップできるでしょう。

牡蠣

牡蠣は数ある食材の中でも一番亜鉛が多いと言われています。亜鉛は直接的なありませんが、精子の生成に欠かせないミネラルです。

また、新陳代謝をあげたり、免疫力を向上させたり、精神の安定にも役立つと言われているので積極的に摂取しておきたい成分です。

スイカ

メンズサプリにはたくさん配合されている欠かせないと言われているシトルリンはスイカの中から発見されました。

シトルリンはスイカにもっとも多く含まれていると言われています。スイカ以外にもキュウリや瓜などにもたくさん含まれているので、比較的普段の食事から体内に取り入れやすい増大に必要な成分といえるでしょう。

以上で紹介しきれなかった食材にも精力に効果を発揮してくれる食品はたくさんあります。

ニラやアスパラや青魚がこれにあたります。一番大事なことはこれらの食品を継続的にバランスよく取り入れることです。

タンパク質がたくさんふくまれているからといって肉ばかり食べるのではなく、シトルリンが含まれているキュウリや亜鉛が含まれている牡蠣をたべるなどいろいろなものを同時に食べるようにしましょう。

すべての素材をまんべんなくとろうとすると大変なので、日ごとにテーマをかえて摂取していくと続けやすいと思います。

その中で全体的に説明したようなタンパク質やシトルリンや鉄分などを多めに摂取していくのを継続していくと貢献できると思います。

睡眠を大切に

睡眠不足になると人体は疲労が回復しづらくなりますし、免疫力が下がったり、情緒不安定になったり、といろいろなトラブルが発生します。

他にも、睡眠時間が足りていても、質が悪いとホルモンの量が少なくなったりということもあります。

睡眠不足は老化の原因にもなりますし、血行が悪くなったりストレスは勃起力の低下にもつながったり、中折れの原因にもなったりします。

では、睡眠の質はどうやってあげるのでしょうか。以下に解説していきたいと思います。

睡眠の質を上げるには睡眠をとればいいというわけではなく時間帯が大切です。22時から26時の間は成長ホルモンが分泌しやすい時間帯です。

この22時くらいに眠りに入るというのは人類が昔から獲得してきた睡眠リズムなので、成長ホルモンが分泌されやすいといわれています。

他にも、睡眠の直前までパソコンをやっていると光の作用によって、睡眠誘発物質のメラトニンというものが分泌されにくくなり熟睡できなくなるといわれています。

寝る1時間前までにはスマホやパソコンなどをやめて、熟睡できる環境を整えておきましょう。こういうことを継続的にやっておくことにより、成長ホルモンが分泌されやすい体になってしやすい体にもなることができます。

運動をこころがける

運動不足になると全身の血流が悪くなることにより、栄養素もチンコへ運ばれにくくなって、パワーアップから遠のいてしまいます。

肥満の人はEDを発症している人が多いのは、運動不足によることが多いと言われています。逆に言うと普段から運動を心がけている人は精力が高いといわれています。

血流の流れを順調にすることにより、細胞に血液が流れやすくなり結果として栄養素も流れやすくなりパワーアップにつながります。

運動はジョギングやランニングなどの全身を使った有酸素運動がおすすめです。有酸素運動は全身への血流を増加してくれるという効果が期待できます。

はこういう有酸素運動がおすすめです。また、スクワットなどの太ももを鍛える運動も男性の性機能の向上に効果的と言われています。

スクワットをしておくことにより、PC筋といわれている筋肉を鍛えることができるので勃起力のパワーアップにもつながります。

アルコールをとらないようにする

実現するための習慣としてタバコとアルコールを控えるようにすると言うことも一つの手です。

以下には、タバコとアルコールがどういう悪影響を及ぼすのかについて解説していきたいと思います。

適度なお酒は血行促進効果があるので、いいのですが、飲み過ぎはよくありません。

肝臓でアルコールを解毒するときにエネルギーを大量に消費するので、他の人体の機能に不具合が生じ頭痛などがおきるといわれています。

また、過度なアルコール摂取はせっかく女性とベッドインしても、チンコが勃起しないという状態になることもあります。

女性を口説くためにはお酒が必要なこともあるでしょうが、ほどほどにしておきましょう!

アルコールの次にタバコですが、タバコを吸うと毛細血管への血流量がわるくなって、チンコへの血流量も悪くなると言うことがあります。

毛細血管の血流量が悪くなると言うことはそのままチンコの勃起力に悪影響を及ぼすことにもなります。

お酒ものんでタバコも吸っている人が飲んでも効果が半減してしまうのでもったいないです。

タバコを少なくして、お酒も少なくすることにより高めることができるでしょう。

ペニスサイズは生まれつきなのか?

ペニスが大きい人と小さい人の違いはどこでうまれるのでしょうか。それを探っていきたいと思います。

生まれつき

ペニスが小さい一番の原因と言われているのは生まれつきと言われています。

生まれ持った体質というと身長のようにどうすることもできないと思いがちですが、全く違います。

ここでいう体質というのは生まれたときからペニスサイズが決まっていると言うことではありません。

ペニスが大きく成長するために必要な成分が体内で生成されにくい体質ということです。

身長や顔の容姿などのように生まれ持った遺伝子でペニスのサイズが決まっているわけではありません。

筋力が不足している

下腹部の筋肉が弱い人や太っていておなかが出ている人はペニスが小さい傾向にあります。原因は下腹部からペニスにつながっている筋力が不足していることです。

ペニスというのはそもそも下腹部から伸びている筋肉とPC筋で基礎ができていて、その周りを海面体細胞で構成されているという構造になっています。

勃起状態というのはペニスを構成しているPC筋が緊張状態になることによりペニスが反り返ることにより勃起状態になります。

ここのPC筋の筋力が弱っているとペニスそのものが勃起しにくくなるのです。

筋肉が弱かったり太ったりしている人は、まず下腹部の脂肪分を減らすことによりペニスの筋肉を付けて勃起したときの大きさやギンギン具合を改善することができます。

包茎である

包茎状態というのもペニスを小さくしてしまっている原因の一つです。包茎というのは亀頭に皮が被っている状態です。

小さい子供の頃は亀頭が皮にかぶっているのは普通のことですが、大人になるにつれてじょじょに皮がめくれていって普通のペニスになります。

包茎の人は大人になっても亀頭に皮が被ったままになり、勃起した状態であっても皮が被っている状態なのです。

仮性包茎というのは通常時は亀頭に皮が半分くらいかかっている状態です。勃起状態では完全に皮がむける状態のことをいいます。

真性包茎というのはその名の通り常に亀頭に皮が被っている状態のことを言います。

さらにカントン包茎というのは皮の先端が狭くなっていて亀頭を締め付けてしまう状態の包茎をいいます。

以上のように包茎というのはいろいろなタイプがありますが、どれにも共通していえることは、亀頭に皮が被っている状態のことを言います。

亀頭に皮がかぶっている包茎状態というのは、亀頭に皮が被っている状態なので、男の自信にはマイナスということです。

包茎のペニスと正常なペニスでは数センチもさがあるといわれているくらいです。

包茎の人はまず包茎を治すことによりペニスが少し大きくすることができます。